みにくいアヒルの子。

いつも、千羽鶴は贈られる側でした。


http://mimiyama07.at.webry.info/200801/article_4.html

いただいた鶴は、病室に飾ります。
手にとって感動したり、作り手の顔を一つ一つ想像して感慨深くなったり。
手術後、目が開いてはじめて飛び込んできた時の、あの鮮やかな色の重なり合い――
一生忘れないと思います。

でも、いつもいただくだけじゃダメ。
リハビリも兼ねて、調子の良い時に「千羽鶴を折ること」を決めました。
小児がんと闘う子どもさんへの、祈りを込めて。
病友さんへの、想いを込めて。

・・・でも、これが、むずかしい・・・

なぜに?

ホワイ??


・・・抗がん剤の後で、手がむくんでいるから・・・?


最初に出来上がったのは・・・


鶴じゃなくて・・・


ん?・・・アヒル??




みにくいアヒルの子



くちばし、デカイし・・・


あひる1000羽って・・・

まずい。

意味分からん。



・・・めげずに折り続けます・・・

なんてったって、「折る」と「祈る」は、紙一重



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック