テーマ:小児ガン

30cmなのだ。

こんにちは。どっぷり「アラサー」、みみやまです。 突然ですが、、、 同世代のみなさん、30cmの竹のモノサシ、持ってますよね? はーい。 はーい。 はー、、、                                 、、、、←ノリで答えちゃった。 確か小学校の時に買わされて、授業で使ったような気…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

校長先生のおはなし(?!)

色々なものを削ぎ落とされて、ちょっと小さく&軽くなったみみやまです。 「校長先生のお話」風にいうと、、、 えー、今日みなさんにお伝えしたいのは、次の二点です。 (、、、って何か偉そうですね。すいません。汗) 一点目。 病気や治療の情報を求めて、このブログを訪れて下さっているみなさんに、、、 なかなかきちんと情…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

もう11月が終わる・・・

今まで無かったことです。。。 ずいぶん間が空いてしまいました。 幾度も訪れて下さった方、心配して下さった方、本当にすみません・・・・ あたたかなコメントをいただいているのに、お礼できないこと・・・・・・ 情報を求める方が来て下さっているのに、何も提供できないこと・・・・・・ ただただ本当に申し訳ない、と思っていまし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

エンビラさん。

「みみやまさんの部屋、エンビラさん、入りマース!」 ↑ ??? わかんない。 「エンビラさん。」って?? 説明しようっ! エンビラさんとは。 「塩化ビニール&ラテックス」 の略。  (マニアックすぎて、わかりません) 「縁日のビラ」 の略。 (脈絡なさすぎて、わかりません。) 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたのかわりに。

ほんっとーーーーに間が開いてしまっています。 記事、なかなか書けなくて。 体調は、一進一退。 良くなるわけでも、劇的に悪くなるわけでもなく。 (でもそれって、少しずつ悪くなってる、ってことなのかな、、、、                       悲しいな) 先週末。 自宅のワンコが亡くなりました。{%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

やくそく。

本当にすみません、またまた間隔が空いてしまいました。 ケモってました。(←最も嫌いな化学療法のコト) 抗がん剤、確実にガンを殺してくれているけれど・・・でも毎回、私の中の何かが、叩いてつぶされる感じ。 回を重ねるごとに、辛さも、苦しさも、絶望感も、増します さて。 10代のころ、抗がん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

医療ドラマについて考えてみる。

お医者さんを主人公としたテレビドラマ。 昔から沢山ありましたが、近ごろ、特に数多く目にするような気がします。  多くの人が、画面の向こうの彼ら/彼女らに憧れる  →医師を目指す若者が増える  →医師不足解消  →医療崩壊ストップ! こんな流れが、目指されているのかな。 テレビをあまり見ないワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘い半ばで・・・。

悲しいこと。 それは、自分の身にふりかかることばかりではありません。 この笑顔を見せるために、この方はどれだけ頑張ったのだろう。 この目標をつかむために、この方はどれだけ努力したのだろう。 そして、 それが崩れていく瞬間を、この方はどんな気持ちで迎えたのだろう。。。 最近知って、病棟の友達と共に、涙が止まらな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

じぶん、最強?!

こんな私にも、調子に乗った女子大生時代がありました。 (ちょっと前。・・・・・・・・・・・・・・・ずっと前?) 当時・・・ 小児がん関連の治療が(表面的には)全て終わり、毎日が絶好調☆  テレビ局でバイトを始め、「自分」が「売り物」になることを知ったり。 (変な意味ではないですよ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生還・・・?

また、またまた、またまたまた、またまたまたまた・・・ 手術でガンを取りました。 「ホッとした~」 「無事に終わって良かった!」 「自分を誉めてあげたい☆」 なんていうより・・・   もし、まだ残っていたらどうしよう・・・   もし、またどこかに再発したらどうしよう・・・   もし、もう既に、別の場…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

がんQ&A ガンの子どもが大人になるということ。(自動更新)

(手術前に書きためておいたものです。自動更新で失礼をします・・・) 病院の図書室でお会いした、闘病中の大学1年生・Aくんとの会話です。 Aくん> ねぇ、みみやまさん、僕が、これだけ大変な思いをしてガンを克服したとしますよね。 家族も、友達も、みんな応援してくれるから、頑張らなきゃいけないし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直前。

子どもの頃、入院中のスキンシップで一番嬉しかったのは・・・ 変な話ですが、頭を撫でてもらうことでした。 手術をして下さったドクターの、頼りがいのある手。 嫌な顔ひとつせずに嘔吐に付き合ってくれる看護師さんの、優しい手。 いつも傍にいてくれる家族の、友達の、大切な人々の、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

くるくる。

なかなか記事が書けず・・・恐縮です。 手術の日程が決まり、バタバタしているみみやまです。 しばらくケモ(化学療法)を休んでいたので、髪の毛が生えてきました。 今髪の毛が抜けていらっしゃるガン患者の皆さん、最後の治療から3ヵ月すれば生えますよ♪ ・・・でも、生えてきた髪が・・・ 大仏。 (ゴーン) ←祇園精…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しい知らせ。

(前回の続き) 良いニュース、それは 「しばらく退院してもいいですよ~」 というドクターのひと言。 え・・・ ほんとに?? きゃーーーーっ うれしーーーーっ 何食べよーーーー{%…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

癌治療薬の最前線(?)について真面目に考えてみる。

本ブログのカウンタを見ていると、一日に50回くらい、皆さんが訪れて下さっているのが分かります。 一日に顔を合わせる人数が2-3人、という日常にあって―― これは、嬉しいこと 本当に、どうもありがとうございます みみやま、最近、ちょっと弱っておりまして。。。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私って変ですか・・・? (がんQ&A #3)

更新が滞っています。すみません。 ・・・いろいろな事が重なって、折れそうになっています。。。 何とか書きためておいた、Q&Aのシリーズです。 小児がんのお子さんを持つお母さんとの、ある対話の記録です。 注) 以下は専門家のアドバイスではなく、私の「経験談」の域を出ないこと、ご了承くださいね。 **********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みにくいアヒルの子。

いつも、千羽鶴は贈られる側でした。 http://mimiyama07.at.webry.info/200801/article_4.html いただいた鶴は、病室に飾ります。 手にとって感動したり、作り手の顔を一つ一つ想像して感慨深くなったり。 手術後、目が開いてはじめて飛び込んできた時の、あの鮮やかな色の重なり合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無力。

自分の無力さが、情けなくて悲しくて、どうしようもない気持ちになります。 泣いたって、わめいたって、どうしようもない。 同病の友達に再び見つかった、肺転移。 骨肉腫の肺転移は多いと聞いていたけれど、ここまで・・・ なぜ、同じひとに、文句も言わず一生懸命治療に耐えてきた人に、自分のことより人のことを優先するような 優しい人に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわいそう、の向こう。

たまたま、とある国際的なスポーツ大会の開会式の映像を見ました。 多分、しばらく前の大会だったと思います。場所は、イギリス。 世界の様々な国と地域から選手団が送られ、エンターテイメントに彩られた華やかなセレモニーでした 今、何かと話題のトーチリレー。 その大会…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どれだけ・・・? (がんQ&A #2)

昨日に引き続き、小児がんをめぐる、ある対話の記録です。 注) 繰り返しますが、以下は専門家のアドバイスではなく、私の「経験談」の域を出ないこと、 ご了承ください。 ********************* Sくんのママ> きっと治る、絶対にまた元気で家に戻ってくる、と信じています。 でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いったい、どうしたら?(小児がんQ&A #1)

こどもの日。 今こどもの人も、昔こどもだった人も、これから成長する人たちへの思いを、ギュッと握り締めたくなる、 そんな日です。 思いがけず癌と向き合うことになった、子どもさん。 あるいは、そんな子どもさんを支えるご家族。 誰かを恨むわけでも、何かに毒づくわけにもいかず、目の前の現実を受け入れるしかないけれど、 少しで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児がんQ&A

お子さんが小児癌、あるいはご自分がガン、と診断された方から、相談を持ちかけられることがあります。 その方を取り巻く状況に胸を痛めながら、それでも、どうか治療を頑張ってほしいと 祈るような気持ちになります。 自分が病気と向き合うだけで、疲れ果てているような、情けない私ですが―― 経験を語ることで誰かのお役に立てるのなら、ぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優先順位。

二部屋向こうの病室にいる、Yくん。 たまに、お母さんの姿も見かけます。 そのお母さんが、私の病室の前で、看護師長さんと話をしていました。 強い口調だったので、病室にいても話の内容が聞こえてきてしまいました・・・ごめんなさい Yくんのお母さんの主張。 要は、病院に支払わなくてはならないお金が、あまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗がん剤と「うつ」

ちょっぴり夏みたいな陽気が続いています。 病院内の気温・湿度は一定にコントロールされているけれど、それでも、なんだか汗ばむようなことが多くなりました。 思わず、 アイスクリーム食べたーい!! と言ってみたり☆ ・・・だって、言うだけならタダやし~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「命をつなぐプロジェクト」

白血病の治療中、無菌室の中で「うつ」と闘っていたという青年の話を聞きました。 迫り来る死の恐怖と闘いながら、でも、自ら死を選んでしまいたくなるという、極限の心理。。。 聞いていて、胸がギューっとしめつけられました。 その恐怖と孤独と苦しみは、かつて私を捕らえて離さなかったもの―― そして、今も私をさいなんでいるもの―― な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザルコーマ。リムサルベージ。何のこと?(←何気に五・七・五)

「ど~もぉ~。み~みや~まちゃ~んっ。調子はどぉ~?」 注)新宿二丁目からゲ○バーのママさんがお見舞いに来てくれたわけではありません。 わが整形外科教室の財前教授の回診です!   (おーい、山田くーん、赤じゅうたん敷いて~) 医療ドラマ「白い巨頭」により、あまりにも有名となった大学病院の「教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「せんぱい、先輩!」

「せんぱーいっ! みみやま先輩~!!」 ぼーっと院内を歩いていたら、後ろから声がしました。 私のことを「先輩」と呼ぶなんて・・・誰だろう 振り返ってみると、そこいいたのは・・・ 犬の着ぐるみ。 でした。 あー。 そうか。 私の後輩、着ぐるみなんだ~。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人とのつながりのなかで今の私があり、今の私がささえられています。」

いつの間にか、本当に多くの方々にこのブログを訪れていただいていました。 お時間をつくって目を通していただき、どうもありがとうございます。 思い上がりを許していただけるのなら・・・ 私の拙い文章を読んで下さる皆さん一人一人が、私の「生きる証し」を刻んで下さっているような、そんな感じを抱いています。 「・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗がん剤に「耐性」。

「おっ○っぴー」という、例のギャグ?アクション?? 最初、ものすごく笑えたのに、近頃、テレビで見ても(ってゆうか、あまり見なくなった・・・)、 特に何も感じなくなりました・・・ ごめんなさいね>小島よ○おさん (私の優雅な友人は、おっ○っぴー芸人にも「さん」付け。お上品にも程がある{%怒り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「入院おめでとう」???

大学院生の方からコメントをいただき、「そういえば・・・」と思い出したことがあります。 私も以前、院生でした。(・・・思い出したの、そこ?) 大学院に入ったとき、先生に「入院、おめでとう!」とニッコリ言われてビックリしたのでした。(←ココ) 大学院に入る=入院。 なんですね。 既に、「病院に入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more